忍者ブログ
妊娠期間だけのブログ 子宮筋腫、子宮内膜症、多嚢胞卵巣。 2001年に結婚 2003年に19週で双子の息子を流産、人工流産 2004年に23週で超低体重児を出産 現在第二子妊娠中。 様々なリスクを乗り越え、出産できるまでを綴っていくつもりです。
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

始まりは今年1月12日 いつものとおり、子宮内膜症の下腹部痛が痛くて薬をもらいに行った。

いつもロキソニンを処方してもらっている。

子宮内膜症は、多分大学生時代からあるのだろうと思うが、詳しくは判らない。

酷くなったのは、社会人になってから。

婦人科に行くのがいやで逃げていたが、結婚することが決まるとそうも言ってられないってことで、

行き始めた。

そして、それ以来、酷くなることもなく(医者の話では。)ロキソニンを処方してもらい、

痛い時には薬を飲むと言うことを繰り返していた。

 

子宮内膜症の場合、お腹を開いてみないと、本当に子宮内膜症かどうかわからないといわれたことがある。

そして、薬で痛みが散らせる間はそれが最良の治療方法だという。(子供を望んでいる場合)

 

そして薬をもらい言ったときに、第二子の相談をした。

今作ってもいいですよ。と言われた。

 

私は前回超低体重出生児を出産しているので、次の出産は、2-3年空けた方がよい。といわれていた。

今年、5月にやっと2年経つので、そろそろいいかと思い、先生に相談したのだ。

 

すると軽く言われた。

いいんじゃないですか?

 

ってね。

 

そこで、まだあせる必要はないから、まぁ、自然に頑張ってみるか。ってことで始めた第二子づくり。

 

でもそれからが長かった~。

 

まず、生理が不順だった。

しばらく様子を見たが、一向に良くならない。

仕方ないので、5月25日に受診。

 

久しぶりに子宮がん検診などをする。

基礎体温はずっとつけていたので、見てもらうが、やはり排卵していないだろうとの事。

そのため、1回様子を見ようと言うことになった。

 

本日のお値段 3200円

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/04 angel snow]
[03/04 angel snow]
[03/04 angel snow]
[03/03 ムッコママ]
[11/24 miki]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ANGEL SNOW
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Material : ミントBlue 忍者ブログ [PR]